アボルブの効果は?

より強力な効果を求めるならアボルブ

AGA治療薬として処方されるアボルブ。
アボルブは、一般名としては「デュタステリド」とも呼ばれています。

発毛効果があるとして従来の治療では定番となっている内服薬「プロペシア」よりも高い効果があるといわれています。

このアボルブは、イギリスのグラクソ・スミスクライン社で開発された育毛医薬品です。

しかし、最初から育毛剤として開発されたわけではなく、もともとは立腺肥大症の薬として開発されたものでした。

それが薄毛や抜け毛の原因物質に働きかける力が強力であることが発覚し、それに悩む患者さんに使われるようになったのです。

薄毛や抜け毛に悩まされる男性の頭皮というのは、ジヒドロテストステロン(DHT)により通常よりも短くなっています。

アボルブは、Ⅰ型・Ⅱ型両方の還元酵素を阻害する働きを持っており、これによりAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンがテストステロンから作られるのを阻止します。

この働きが、高い脱毛予防効果となり、ヘアサイクルを元の正常な状態に戻すのです。

通常、AGA治療は複数の方法を用いておこなわれます。
外用薬と内服薬を組み合わせたり、発毛効果のある薬に抜け毛効果の高い薬を組み合わせたりと…個々にあわせて効果的な治療法を組み立てます

そんな中、アボルブは「なかなか効果が出ない人」や、「より強力なAGA治療をおこないたいと希望する人」に人気の薬となっているのです。

ただ、アボルブは病気の原因そのものは治せないとされているので、症状が改善されたからと、止めてしまうことで元に戻ってしまう可能性もあります

トップへ戻る